2010年03月16日

7000万円横領容疑、会社社長を再逮捕 警視庁(産経新聞)

 顧客からの預かり金の一部約7000万円を着服したとして、警視庁中野署は10日、業務上横領の疑いで、東京都中野区上鷺宮、不動産会社社長、永久富一被告(59)=私文書偽造・同行使罪で起訴=を再逮捕した。同署によると、永久容疑者は容疑を認めている。

 同署の調べによると、永久容疑者は弁護士事務所の出納係として勤務していた19年7月下旬〜20年4月上旬、埼玉県戸田市の無職女性(60)から債務整理や相続税手続き代として預かっていた約2億数千万円のうち、計約6800万円を勝手に引き出し、横領した疑いが持たれている。

 永久容疑者は事務所の通帳や印鑑を1人で管理しており、横領した金は経営する不動産会社の借金返済に充てていたという。

 永久容疑者は20年12月に死亡した弁護士になりすまして文書を偽造したとして、今年1月に逮捕、起訴されていた。

【関連記事】
相続財産管理人の弁護士、5千万円着服か 愛知、処分検討
秋田・横手市元職員を逮捕 税980万円横領容疑
知的障害者施設の寄付金横領 元理事長の詐取金返還が確定
母の預金着服した疑い 成年後見人の長女逮捕
「生活費に困り…」98万円横領の係長免職 福岡・水巻
20年後、日本はありますか?

三島風穴 埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
小型ロボットアーム取り付け=「きぼう」で野口さん(時事通信)
低気圧発達、暴風雪に警戒=広範囲で荒れた天気に−気象庁(時事通信)
ひまわり、一時データ受信障害=降雪が影響−気象庁(時事通信)
【新・関西笑談】みんぱくのアンデス博士(3)国立民族学博物館教授 関雄二さん(産経新聞)
posted by ハラダ ジュンイチ at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。