2010年02月17日

臓器移植あっせん、金沢大以外でも接触情報4件 厚労省調査(産経新聞)

 渡航移植の仲介業者から患者が中国で臓器移植を受けられるよう協力を依頼された金沢大付属病院の医師が、患者の要請であて先を特定しない紹介状を渡していた問題で、厚生労働省は15日、他の医療機関でも患者からの求めで患者に検査データを渡したケースが1件、渡航移植支援団体などから患者の情報を求められるなど接触情報が4件あったと発表した。

 厚労省は「いずれのケースも臓器移植法上、問題はなかった。違法あっせん業者の実態に関しては今後も調査を続ける」としている。

 金沢大病院の問題発覚後、厚労省は金沢大を含めた移植にかかわる医療施設と大学病院の計247機関を対象に調査を実施、245機関から回答を得た。調査対象期間は平成21年1月〜12月。

 調査結果によると、金沢大病院以外に「患者からの要請で検査データを渡した」という回答が1件、「(移植支援団体などから)患者の情報を求められたが断った」が4件あった。いずれも時期は調査対象期間前の「数年前」としており、相手の団体名などは把握していないという。

【関連記事】
業者と接触医師、警告後もメール 金沢大渡航移植仲介疑惑
大学病院医師が患者に渡航移植紹介状渡す 金沢大
山本容疑者、肝臓手術は未経験 奈良・患者死亡
臓器移植の新規登録者 4分の1が「親族優先」
臓器移植の親族優先 移植医療に入り込む感情

今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新(医療介護CBニュース)
石巻の3人殺傷、18歳少年の身柄確保 少女の無事を確認(産経新聞)
B型、貧血リスク低い=遺伝子個人差、血液検査に関連−46種を発見・理研、東大(時事通信)
宮城3人殺傷「姉邪魔だった」逮捕の少年供述(読売新聞)
65人が結核再検査 江東区(産経新聞)
posted by ハラダ ジュンイチ at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SS船長を日本で聴取 平野官房長官が方針(産経新聞)

 平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、環境保護を標榜(ひょうぼう)する団体「シー・シェパード」の船長が南極海で日本の調査捕鯨船団の監視船に拘束されたことについて、政府として船長を日本に連行した上で、刑法に照らして処置する方針を示した。

 平野氏は「(日本で船長から)事情を聴いた上で、わが国の艦船に侵入した刑法上の罪の疑いから検討する」と述べ、刑法の艦船侵入容疑などの適用を視野に入れていることを明らかにした。

【関連:シー・シェパード】
断固たる態度で臨め 監視船に侵入、3億円要求
捕鯨船薬品投入は「うそ」 シー・シェパードが主張
ロケット弾で日本船を攻撃 船員3人軽症
過激行動で各国からも批判相次ぐ
今度はクロマグロ漁妨害へ「衝突はすべて日本に非」

午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題−トヨタ(時事通信)
競馬予想の仕方とそっくり? 政治部記者もイメトレで訓練(産経新聞)
鴻池運輸で情報が漏洩 中国人関与か(産経新聞)
<歴史共同研究>政権に影響、中国側懸念「戦後史は非公表」(毎日新聞)
再診料引き下げ「理解も納得もできない」−日医(医療介護CBニュース)
posted by ハラダ ジュンイチ at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。